煩悩×正義×ダメ人間?

自分の好きなことについてあれこれ書いてるブログです!!・・・ホントにあれこれ書いてます。自分でも何かいてるよく把握できてないです。(;´・ω・)

深淵の叡智【ドリームランド】

2017
23
まあまあ、ってな理由で(どんなわけでしょう?)今日はTRPGのシナリオを作る上で知ってると役に立つ知識を皆さんと共有して行きましょうかね~

ということで最初はドリームランドについてです。

英語表記はDreamland

そのままですね~(( (・∀・) ))ヘラヘラ



そんなわけでして今回は夢魔さんの画像を用意してみましたよ!!

マーリンにしなかったのは私のファインプレーだと思うのですが、どうかね?

ちなみに、小ネタですがAdobeには様々な所にマーリンのパネルが用意されているようですので気になった方は見てみるといんじゃないですかね?

つっても、マーリンはものによって夢魔だったり違ったりするのでどうかとは思いますが...

っと今回はそれよりも大切なドリームランドですね。

まあ、今回は簡易的な当たりだけを解説しますので気になった方は独自で調べたりなんなりしてください!!


ってわけで、ドリームランドですがこれは若い頃の殆どの人が訪れている場所です。

しかし、大人になり常識に凝り固まってしまうと次第にその扉は固く門を閉ざし受け入れてくれなくなってしまいます。

そのため、大人で入ることができる人は馬鹿(ジャンキー)か天才(キチガイ)だけです。

ちなみに、このドリームランドですが現実の世界からアクセスすることも可能ですがその場所はかなり危険な場所に存在しています。

ドリームランドへの旅をする場合炎の洞窟に至る『浅き眠りの七十段の階段』別名:レム睡眠から始まる夢遊病~階段ってどう降りるんやっけ~ですね!!

※ちなみに、半分冗談を交えながら書いていきますので気をつけてね!!

ここを下りますと高位の神官であるナシュトとカマン=ターに出会えます。彼らについては後日(やるかは未定)

このふたりに認められた場合魔法の森『深き眠りの門への七百段の階段』別名:ノンレム睡眠から始まる夢遊病~この時って何も覚えてなくないかね?~ですね。

ちなみに、ここまで来れた場合自由にドリームランドに移動できるようになります。

ちなみに、通常ドリームランドという名は人間によって訪問された次元がそのように呼ばれます。

まあ、そのためドリームランド自体は色々な星に存在はしています。
なんで、適当な星のドリームランドにいますとかすると有無を言わさずにクローズどさせることが出来ます!!
こうすれば下手な知恵を使えませんので余計なことされる心配を無くすことができるようになりますので使って見てくださいね!!

ちなみに、人によってはですが地球のドリームランドから別のドリームランドに行くことができる人も居るようです。オススメは出来ませんが。

それと、ドリームランドはクトゥルフの神話大系の大半のヤツらの能力下にない点もかなり使いやすいと思いますね。

ほかの場所ですと必ず彼らの何かしらの影響が顔を出すのですがことドリームランドにおきましてはニャルさんが1番の影響力を持ってます。

まあ、またお前かではありますが流石The Giver
中々の厄介者ですね。

他にも、大いなるものという地球古来よりの神性がドリームランドには居るのですが彼らは魔術師より弱いのでもう...アレです。論外ですよね( ̄▽ ̄;)

まあ、という訳でドリームランドは至るための道は険しいですがそこに到達しますと後はどうとでもできる環境ではありますね~

ニャルさんと一戦交える気概があるならばですがね!!

ってところで、ホントに簡単ですがドリームランドは以上となりますね~

次回はもう少し細かい部分について書いていきますね~

それでは!!

さようなら~

(* ̄▽ ̄)ノ~~ マタネー♪

気軽にコメントしてくださいねぇ!!...結構書く事あるかと思ったがそんななかったぜい!!というか、眠い?

↓ぬいぐるみクリックお願いします!!



にほんブログ村


ゲームプレイ日記ランキングへ

Twitterやっとります~こちらもよろしく!!

エルルゥパズドラ

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!


0 Comments

Add your comment