FC2ブログ

煩悩×正義×ダメ人間?

自分の好きなことについてあれこれ書いてるブログです!!・・・ホントにあれこれ書いてます。自分でも何かいてるよく把握できてないです。(;´・ω・)

毒入りスープ?リプレイ!! part1

2017
30
はい、ということでお久しぶりです。

いやね、色々あったんですよ。(定型文)

ってことで今回は私が参加した卓のリプレイとなります。

まだ、全員に許可とってないんですよけど・・・まあ、きっと許してくれるやろ。(見習っては駄目な例

あっ、皆さんはこういうことやる場合しっかりと許可とってくださいね。争いの元ですので。

私の場合は身内ですのでまあ、問題ないジャロの精神です。

ってことで今回のシナリオ解説です。

ってまあ、クトゥルフ神話の毒入りスープですね。

これだけで、どんなシナリオかわかる人いますでしょうね。

私は、わかりませんでしたが!!

だって、今まで一度もやったことないんですもん!!

ちなみに、今回かなり特殊ルールが盛り込まれていましたので結局のところよくわかりませんでした!!はははh!!

前回もよくわからんうちに終わってたんだよな・・・

まあ、いいことよ!!

ってことで、本日はそんなゆるい感じでのリプレイとなります!!

ってことで人物紹介~

GM:GM
今回のくそルールの発案者兼キチガイ1号。
真面目にやるとちゃんと出来るくせに一向にちゃんとやらない変人。
RPは結構うまい。まあ、いわゆるルーニーと呼ばれる人種。
推理力は結構いい線までいくが笑いを狙い最終的に外す。

※GMをよくやるくせにるるぶを持ってないくそやろう。

PL1:羽金冬華
今回の被害者の一人。
好きなTRPGはダブクロ。
多分私たちの卓で一番か二番に頭がいい。ただ、そのためか思い切ったRPが出来ずGMの性格が悪いとドツボにはまる。
ちなみに、耐久力がないため長時間TRPGをすると壊れる。

PL2:天城 位
今回の被害者その二。
初参加。私は知らない人。
TRPG歴は全然ないのにこの魔境に巻き込まれた哀れな一般人。
あるがままを受け入れるプレイスタイルなため最終的に大変なものになってしまう。

PL3:ゴリマッソー

神であるゴリラを操りし天よりの使者。
和マンチ・ルーニー・リアル・ロールプレイヤーを操る変人(悪い意味)。
その性格のためかダイス神にすこぶる嫌われている。女神には爆笑されている。
きっと、女神の性格はかなり悪い。
GMをやると著しくやる気が低下する。

※私です。

ってな感じの四人でのセッションでした。

というわけで、早速どうぞ。

5107898i.jpg
追加ルール

Gルール
ウンババの言語未取得状態でRPを行う
GPは10
読み取れたかは力で15
言葉を伝えるにはパワーで12

Dルール
いかなる能力を駆使してもゴリラと会話できない
部屋を移動する度に、登場判定

Cルール
オーヴァード能力を見るとSAN値チェック_2/1d10
慣れルール有(オーヴァード能力では合計10までしか減らない)

~始まり~

羽金冬華:うい

GM:導入を個人個人の秘匿チャットでやっていたい

ゴリマッソー:うぃぃ

天城 位:よろしくお願いします

ゴリマッソー:あ~あ~あぁ~

ゴリマッソー:よろしくお願いします。(*- -)(*_ _)ペコリ

GM:自己紹介もするタイミングあるだろうから

GM:それまで自分の情報を外に出さないでくれwwww

GM ->ゴリマッソー:やあ

GM -> ゴリマッソー:キャラメイクできた?

ゴリマッソー -> GM:ああ、私は神でありゴリラだ。完璧で幸福な。

GM -> ゴリマッソー:ありがとう

GM -> ゴリマッソー:苦労かけるけど頑張ってねw

ゴリマッソー -> GM:なんでや。やめろや!!

ゴリマッソー -> GM:泣くぞ!!


GM -> ゴリマッソー:導入しちゃおっかw

ゴリマッソー -> GM:うわぁ~ん。ごりえもん~ゴ=ミがいじめる~


GM -> ゴリマッソー:なんだって!?嫌なことは寝て忘れるに限るゴリ!

GM -> ゴリマッソー:寝ろwwwwwwwwwwwwwwwwwww

ゴリマッソー -> GM:寝るわ

GM -> ゴリマッソー:寝るまでの間好きにしていいよ

ゴリマッソー -> GM:糞を投げたりバナナ食べたりネトゲしたりようつべ見たりしてるわ


GM -> ゴリマッソー:天才かよ・・・

ゴリマッソー -> GM:神だからな!!


GM:全員の導入が終わりました

GM:では始めましょう・・・

・・・ちなみに、私視点で進めていっていますので他の人の秘匿チャットは見えていません。ご容赦を。

羽金冬華:早かった…

ゴリマッソー:いいだろう。かかってこい

GM:目が覚めるとね

GM:簡素な白い部屋にみなさんいるんですよ

羽金冬華:へー

GM:でね

ゴリマッソー:そんなバナナ

GM:羽金さんと天城さんはね

天城 位:はい

GM:四肢が縛られて動けないんですよ

GM:でね、でね?

羽金冬華:わーうごけないー

GM:目の前にね

GM:ゴリラがいるんですよwwwwwwwwwwwww

ゴリマッソー:大変っすね~

~そして、ここで追加ルールの説明が行われる。~

GM:さあ、始めましょうかwwww

GM -> ゴリマッソー:なにかGMに質問あれば秘匿でお願いします

ゴリマッソー:うっほほほほうほうほうほ~い!!うほっほん!!

ゴリマッソー:うんほほ~

ゴリマッソー:うほごり。

ゴリマッソー:うっほ?

羽金冬華:「………」

天城 位:「」

天城 位:もう絶句だよね

ゴリマッソー:うほほ~んうほほ~ん(泣

GM:いやーすごい状況だw

羽金冬華:俺のキャラこれじゃ喋らないわ…

ゴリマッソー:うほい?

ゴリマッソー -> GM:ちっす。私は楽しいけどいいのかい?これ。


GM:目が覚めるとこの部屋にいる
全体的に薄暗い部屋
どうやら電球が1つしかないようだ
全員椅子に座っている
DとCは右手以外の四肢が椅子に拘束されており、椅子も固定されているので動くことができない
拘束具には鍵穴がある

目の前の机があり
その上には
白い皿
中には赤黒い血が入っている
皿の近くに白い紙が二枚

GM -> ゴリマッソー:いいよ

羽金冬華:まああれだ、言語による会話を封じられたと思えばいいわ

GM -> ゴリマッソー:重要な文はきみしか読めない

GM -> ゴリマッソー:どうにかほかの2人に伝えてねw

ゴリマッソー -> GM:がんばるウホ

羽金冬華:「………」

ゴリマッソー:無言のドラミング

GM:羽金と天城は紙は取れることにしよう

天城 位:じゃあ紙見ましょうか…

羽金冬華:最初のキャラクターの配置は?

GM:   ゴリラ
羽金  机   天城

GM:
   ゴリラ
羽金  机   天城

羽金冬華:後自分の後頭部を触って確認、視認できる範囲を視認する

GM:なにかあるね

GM:金属の鍵のようなものがね

ゴリマッソー:うほ~んうほ~ん!!うほほほっほごり

GM:自己紹介がてら情報の共有をするといい

羽金冬華:俺のキャラは喋れておk?

GM:人間だろ?

羽金冬華:そうだな・・・

ゴリマッソー:ご~り~ご~り~うほほ~んごりり~ごりら~うっほ~~うっほ!!うっほ!!

天城 位:「そこの……えっと……ゴリラさん!これを見てください!!」ゴリラにバサバサと紙を振ってアピールします 通じるかは別として

羽金冬華:「えっと、皆さん起きてます?起きてますよね?」

羽金冬華:「そこのゴリラみたいなのはいいとして、そちらの方」

羽金冬華:天城さんと会話する!

ゴリマッソー -> GM:うほうほいいながら近づくわ


天城 位:「起きてますよ!生きてますよ!」

GM:ゴリラが紙に近づいてくる

羽金冬華:「あー、良かった。…とりあえず自己紹介でもします?」

ゴリマッソー -> GM:羽金さんの言葉を理解して見せよう!!

ゴリマッソー:2D6
DiceBot : (2D6) → 7[3,4] → 7


羽金冬華:「えーっと…はい、私、羽金冬華(ハガネ トウカ)って言います」

GM:ゴリラはたぐいまれなるゴリラで自己紹介をする流れを感じ取った

ゴリマッソー:うんほほい!!うほうっほほほほほ。
ごりっまそ!!うほ。うほいほい。
うほうまうまうまうま
ごりりんバナナダイスキ
ごっりっとりりり。(ドヤッ


羽金冬華:「(見た目じゃオーヴァードかわからないし、普通にするか)」

天城 位:「あ、ええっと、私は天城 位(あまぎ くらい)です!」

GM:ゴリラ→自由
他人間→右手以外動かない

ゴリマッソー -> GM:頑張って名前を伝えよう。ゴリマッソーだ!!

GM -> ゴリマッソー:パワー9でいいよ!

ゴリマッソー -> GM:任せろ。パワーは二番目に高いんだ!

ゴリマッソー -> GM:2D6
DiceBot : (2D6) → 5[2,3] → 5


ゴリマッソー -> GM:おい、ダイス死んでるぞ!!

GM:成功ですね

GM:名前だけ話していいよ

ゴリマッソー:うほ、ゴリッマッソー!!うほほほほん!!

羽金冬華:「えーっと、ゴリマッソーでいいの?」

ゴリマッソー:うほ(うなずく

羽金冬華:「ああうん…、天城さん、このゴリラさんはゴリマッソーでいいみたい」

GM:ゴリラが一番辛いと思ってたのに一番楽しんでやがる!!

天城 位:「えっ(この状況下で意思が通じ合ってる!?!?)」

羽金冬華:「なんかそれっぽい単語が聞こえたから」

羽金冬華:「多分名前なんじゃないかな…?」

ゴリマッソー:歓喜のドラミング

GM:完璧なゴリラだゴリリング成功

GM:バナナを1d6やろう

ゴリマッソー:うほ?うほほ!!うほほほほほん!!うっほーーーい!!ごりりら!!ごりりら!!

ゴリマッソー:1D6
DiceBot : (1D6) → 1


羽金冬華:「(状況が脱出ゲーっぽいな…、あんまり好きじゃないんだよねー)」

羽金冬華:とりあえず、後頭部の鍵みたいなやつを取りたい

GM:鍵穴にピッタリだね

羽金冬華:普通に頭からは外せるのね?

GM:位、幸運

GM:うん

GM:幸運だ~

ゴリマッソー:うほほ、うへへへへへ。うほほほHO!!うえへへ。

羽金冬華:何で幸運を振る事態に…?

天城 位:1D100<=40
DiceBot : (1D100<=40) → 6 → 成功


GM:今の状況がものすごくまずいことがわかります

羽金冬華:当たり前だ!!

GM:貴方の死が近づいているようなそんな気がします

天城 位:「うえええ!?よく分からないけど何かが不味いことだけはよく分かる!!」 慌てて目星とか振りましょうか

GM:この状況を打破するには手元の紙を読めばいい

羽金冬華:そういえば紙2枚あったな

ゴリマッソー:うへーー!!ほいほい!!バナナバナナ!!

天城 位:読めるのかこれ!!ゴリラ語かと思ってたんだけど(?)

天城 位:読みます…

ゴリマッソー -> GM:自分の野生の高さを皆にアピールシマス!!


GM -> ゴリマッソー:いいよ!

ゴリマッソー:2D6
DiceBot : (2D6) → 5[3,2] → 5


ゴリマッソー -> GM:GP2消費!!ゴリティカルダ


羽金冬華:とりあえず自分の枷外してみていいですかね?

天城 位:鍵とやらを取って枷を外すことを試みます

GM:ええよ

GM:どっちが先に鍵開ける

羽金冬華:どんな枷か調べるとかできる?

ゴリマッソー -> GM:おい、野生の高さアピールさせろや

羽金冬華:どっちか開錠した途端もう片方から毒針なんてしゃれにならん

ゴリマッソー:うっへへへ。ほーいほい。ごりん。

羽金冬華:くっそ、あのゴリラに何ができるのか全然わからねぇ…

GM:ゴリラの野生が神レベルってことがわかりました

羽金冬華:何ができるんだ…

GM:彼は崇高な存在です

ゴリマッソー:ゴット!!ウホ。

羽金冬華:「その紙何て書いてあるんですか?」

天城 位:「片方は『正しいスープを飲まないと帰れない 時間内に帰らないとお迎えが来るぞ 鍵は頭の後ろにあるぞ 自分で開けろ』」

羽金冬華:あ、GMこの部屋以外に部屋あんの?

GM:あるよー

GM:見渡せばなんかいい色した扉が4つ

羽金冬華:雑ww

GM:天城ぃ

GM:もったのはその紙じゃなかっただろぅ?

天城 位:「もう片方は……えっと……『ホッホッホッホ(バナナマーク)』……??」 ゴリマッソーを見てみる

GM -> ゴリマッソー:拘束を解く順番が大切。
一人が鍵を開けると、残りのもう一人にタライが落ちる(固定値20ダメージ)。
同時に開けたら同時に落ちる。

羽金冬華:やべぇこれゴリラに先導してもらう必要があるかもしれん

天城 位:「え、え、ええ!? どういうことなのゴリマッソー!サルにも分かりやすく説明して!!」

span style="color:#009900">ゴリマッソー:うほい

GM:任せろって感じ

羽金冬華:天城さんはゴリマッソーと話して、こっち見てない感じ?

ゴリマッソー -> GM:同時に取ると死ぬって伝える


GM -> ゴリマッソー:パワー8で

ゴリマッソー:2D6
DiceBot : (2D6) → 6[5,1] → 6


ゴリマッソー -> GM:成功ですね

ゴリマッソー -> GM:12ならミスってたが

ゴリマッソー -> GM:いや、あえてゴリティカルにしよう


羽金冬華:「天城さん、すいませんが、ちょっと向こう見ててもらえます?」自分と反対の方向を指さす

羽金冬華:「この枷調べるんですけど、何が起こるかわからないんで」

羽金冬華:「最悪、私がどうなっても見ないようにー的な」

ゴリマッソー:うほ!!うほほいHOほんHOOOOO。うほいん。う、五輪五輪。うっほ。

天城 位:「え、えっと……はい……?」 言われたとおりに顔を背けますね

GM:ゴリラがなにか訴えています

羽金冬華:よーし感覚振るぞーって何ぞ?

GM:その訴えから
「拘束を解く順番が大切。
一人が鍵を開けると、残りのもう一人にタライが落ちる(固定値20ダメージ)。
同時に開けたら同時に落ちる。」ということがわかります

羽金冬華:教えてくれたわww

ゴリマッソー -> GM:惚れてもいいのよって伝えます!!


GM -> ゴリマッソー:パワー5で

ゴリマッソー:2D6
DiceBot : (2D6) → 9[4,5] → 9


GM:惚れてもいいのよ

GM:と感じる

天城 位:「オリンピック……五輪……ごりんごりん……」ずっと目を閉じながらぶつぶつ

羽金冬華:ゴリラに片方守ってもらうことは可能ですかね?

GM:伝えてみ

羽金冬華:「えーと、ゴリマッソーさん?」

ゴリマッソー:ごり?

羽金冬華:ゴリマッソーはタライが落ちることわかってるんだよね?

GM:うん

羽金冬華:ゴ「あー…、えーっと…」天井とゴリマッソーを交互に見る

羽金冬華:「うーん…えーっと、ゴリマッソーさんはその、体力に自信あるのかな?」自分の力こぶを指さしながら

GM:ゴリラの察する能力w

ゴリマッソー:うっほ(ゴリラに電流走る

ゴリマッソー -> GM:ダイスふらせろ~

GM -> ゴリマッソー。:ええぞーパワー8

ゴリマッソー:2D6
DiceBot : (2D6) → 5[1,4] → 5


GM:「うーん…えーっと、ゴリマッソーさんはその、体力に自信あるのかな?」自分の力こぶを指さしながらをゴリラは理解した

羽金冬華:「おお、何か自信ありげ」

ゴリマッソー -> GM:もちろん自信はありますよ!!なんせ、私はゴリラですからね!!って教える

羽金冬華:「てかこっちの言葉理解できてるのかな…?」

GM:ゴリマッソーは自信有り気なポーズ撮ってる

羽金冬華:さーて、こうなると先に天城さんが外して、自分をゴリマッソーに守ってもらうって手があるんだが

天城 位:うむむむ…… 「『ウホ!ウホホウ!ホー(バナナマーク)』!」バナナマークもいかにもありそうな感じで感情を込めて突然大声を出します

GM -> ゴリマッソー:ウホ!ウホホウ!ホー(バナナマーク)

よく来た優しき者よ
我が名はチャウグナーホーン
この度のご無礼をお許し願いたい
私は勇敢なものが好きでな
ここに勇敢なものを集めた
勇敢なもの達が協力する姿を見たいのだ
この液体は「オーヴァードの血のスープ」である
時を計る火は図書室においてある
火が消えたときを刻限とする
御武運を願う

羽金冬華:これで耐えて、一般人では耐えられないとか言われたらSANチェだろ

ゴリマッソー -> GM:うほ。に意味ありすぎじゃないですかねぇ

GM:ここで

GM:Dロイス「破滅の足音」発動

GM:シークレットダイス

ゴリマッソー -> GM:皆にこの情報を伝えようこのゴリラのすべてを使ってな!!


GM:ゴリラ 力で判定して

GM:難度7

ゴリマッソー:2D6
DiceBot : (2D6) → 8[2,6] → 8


GM:次野生難度5

ゴリマッソー:2D6
DiceBot : (2D6) → 10[6,4] → 10


ゴリマッソー:ゴリラノテンカダー

GM -> ゴリマッソー:はじめの刻限は短いのではないかと野生の勘が危機を訴える
するとゴリラは手にロウソクを1つもっていることに気がつく

ゴリマッソー:このゴリラばかじゃね

GM:突然の事にゴリラはSAN値チェック

GM:・・・はなく、バナナ食べたいなーと考えていた

ゴリマッソー:ばな、うっほ

羽金冬華:オリハルコンメンタルかよ

GM:ゴリラ急がないとやばいよw

羽金冬華:せかして下しあ;

ゴリマッソー -> GM:燃えるもんないかね

ゴリマッソー -> GM:最悪、オーヴァードに火移すが

ゴリマッソー -> GM:動けないようだしな!!(ゲス顔

GM:とりま拘束をどうにかしろよw

ゴリマッソー -> GM:あ~何拘束解いたほうが良いか

羽金冬華:じゃあ先に天城さんが外して、自分は頭を右腕で守る

羽金冬華:これでダメージ受けても大丈夫ですとか言い張れるだろ

ゴリマッソー -> GM:じゃあ、守護は任せろと伝えよう!!

GM -> ゴリマッソー:ポーズでw

ゴリマッソー -> GM:ポーズってなんだよ!!じゃあ、覆いかぶさるよ!!

羽金冬華:ゴリラがせかしてるっぽいから急がなきゃw

GM:誰にw

ゴリマッソー -> GM:ハガネや

ゴリマッソー -> GM:それで、サムズアップでもしてニッコリ笑えば完璧だろ!!

GM:ゴリラがニッコリしながら両手を広げハガネに近づく

羽金冬華:「え、えーっと?かばってくれるんですかね?」

GM:覆いかぶさってるみたいだねw

GM:サムズアップしながら

GM:にっこり

羽金冬華:「あー、ありがとうございます」

羽金冬華:てなわけで、天城さん先にどうぞ

天城 位:「それじゃあ……うう……」 枷の鍵を外しますね

GM:するとね

GM:一箇所開けただけで全部外れる

GM:と同時にハガネの方にたらいが

GM:ゴリマッソーに直撃で20ダメで

羽金冬華:紳士的森の賢者!

羽金冬華:「だ、大丈夫っすか?」

ゴリマッソー:うほほい

羽金冬華:「いやーホント、助かりました」

天城 位:恐る恐るといった具合で一人と一匹のほうに向かいます とりあえず椅子から離れよう

羽金冬華:天城さんが椅子から離れたら自分も枷外します

天城 位:これでやっとスタート地点か……うーんと

というところで一端区切ろうと思います。

物語としては始まったばかりというのにこれに2時間ほどかかっているという・・・どうして私らの卓はこんなに長くなるのでしょう。

不思議なものです。

それでは、次の記事で~

さようなら~

( ´Д`)ノ~バイバイ

気軽にコメントしてくださいね~・・・そして、この後ゴリラの本当の力が発揮されるのだった。

↓クリックお願いしますね~



にほんブログ村


ゲームプレイ日記ランキングへ

Twitterやっとります~こちらもよろしく!!

エルルゥパズドラ

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

2 Comments

じおこんふり〜く  

ダブルクロス?

懐かしいですね……
ほんと……第2版のとき遊んでいますが、サイコロを振りまくるいいゲームでした。
うちは、こんな感じでしたよ?(高藤鷹で参加)
http://www7a.biglobe.ne.jp/~exe/DXA1.htm

2017/08/30 (Wed) 07:16 | EDIT | REPLY |   

天芽芝  

Re: じおこんふり〜く さん

ダブルクロスは一年ほど前に始めた新参も新参ですがサイコロ転がしまくるのは楽しいですよね~
まあ、私が作るキャラは毎度のことながら絡めてキャラで全然サイコロ増えんのですが・・・
メイド服を求め日夜奔放するセットアップで行動するUGN支部長やチャリで空間を操りながら絶対に避けれないHPダメージを狙う壁役とか。

うわぁ、キャラ設定とか参考になる~ありがとうございます。
武装錬金懐かしいですね~照星さん好きでしたね~ほぼ出番なかったですが。
ピュアブラムスは私らの卓にもいますね。常時吸血衝動患ってる人がwww・・・もっぱら血を吸われるのは私のPCですが。

2017/08/31 (Thu) 01:59 | EDIT | REPLY |   

Add your comment